global navigation
  • テラダモケイについて
  • 製品リスト / ネットショップ
  • テラダニュース
  • 投稿写真
  • 動画
  • テラダニュース
  • 取扱い店舗
  • メディア掲載
  • イベント・展覧会
  • お問い合わせ
  • 商用利用について
  • 1/100建築模型用添景セット No.86 イースター島編
  • ウォーリーをさがせ!
  • テラダモケイピクチャーズ
  • 月刊テラダニュース
  • 動画
  • 投稿写真
  • ISETAN MITSUKOSHIクリアランスセール!
  • LINEスタンプ
  • アリスのミニチュアティーパーティー
  • スラムダンクシリーズ
  • テラダモケイの絵本
  • POCARI SWEAT - Make a THIRSTY Scene
  • 寺田模型店
  • よく飛ぶ紙飛行機便箋
  • FJ × イドウテラダモケイ店
content

1/100建築模型用添景セット スペシャルエディション「彫刻の森美術館編」 販売開始!

terada_the_hakone_oam_001.jpg
hakoneOAM_o_u_584px.jpg
四季折々の雄大な自然が楽しめる箱根。
彫刻の森美術館は、その大自然を活かして1969 年に開館した、国内ではじめての野外美術館です。

《交叉する空間構造》後藤良二 1978年
後藤は、ダイアモンドの分子構造を母体として4 本の手足を持つ炭素原子を人体に置き換えて構成した《ダイアモンド構造》(姉妹館・美ヶ原高原美術館に展示)の制作の後、姉妹作であるこの作品を制作しました。
黒い男性像と赤い女性像が各72 体、合計144体の群像が四肢を伸ばし、お互いに手足をつなぎ連なっています。
幾何学的な組み合わせによって人間感情のウェットな部分が消え、無名の人間達が群舞している様な、エネルギーに満ちた作品になっています。

彫刻の森美術館でのみ販売。

1/100建築模型用添景セット スペシャルエディション「彫刻の森美術館編」
http://www.teradamokei.jp/product/tenkei/specialedition/the-hakone-open-air-museum.html