global navigation
  • テラダモケイについて
  • 製品リスト / ネットショップ
  • テラダニュース
  • 投稿写真
  • 動画
  • テラダニュース
  • 取扱い店舗
  • メディア掲載
  • イベント・展覧会
  • お問い合わせ
  • 商用利用について
  • NO.82 梅雨編
  • ウォーリーをさがせ!
  • テラダモケイピクチャーズ
  • 月刊テラダニュース
  • 動画
  • 投稿写真
  • ISETAN MITSUKOSHIクリアランスセール!
  • LINEスタンプ
  • アリスのミニチュアティーパーティー
  • スラムダンクシリーズ
  • テラダモケイの絵本
  • POCARI SWEAT - Make a THIRSTY Scene
  • 寺田模型店
  • よく飛ぶ紙飛行機便箋
  • FJ × イドウテラダモケイ店
contents

第1回 六本木ヒルズ アート&デザインストア

shop01_1.jpgshop01_2.jpgshop01_3.jpg外国人観光客のツアーやはとバスのルートにもなっている六本木ヒルズ。もはや東京観光の定番スポットとして定着した感があるが、観光客だけではなくリピーターを誘引している強力なマグネットが「森美術館」だ。様々なジャンルのアートを扱い、魅力的な展覧会を連発。最近の「会田誠展」で物議を醸し出したことは記憶に新しい。そのミュージアムに併設する「六本木ヒルズ アート&デザインストア」を訪問した。

その店内に脚を踏み入れると約60平米の空間に1万点以上のデザイン、アートグッズに迎えられ圧倒されてしまう。展覧会よりショップで過ごす時間が長い人もいるそうだ。そんな空間でテラダモケイの全製品もばっちり展示されている。(ありがとうございます。ぺこり。)

場所柄、お客様の約1/3が外国人観光客と多く、また年配の方々から、学生までと幅広い客層。そんなさまざまなニーズに応えるべく、商品もバラエティー豊かで時間を忘れてしまう。
ここでのテラダモケイの一番の売れ筋は「お花見編」。外国人観光客の方が日本みやげに購入することが多いそうだ。テラダモケイが「紙」であるということと「精密」であるということ、そしてお花見の「桜」がどうやら日本を想起させるらしい。持ち運びしやすくかさばらないというのもお土産に選ばれている理由のようだ。(これは計算ずくだったんですけどね。)

興味深かったのが、中国の方にダントツ人気の「おめでたい編」。紅白と金というおめでたいカラーリングが人気の理由のよう。それから各都市をフィーチャーした「ニューヨーク編」「アムステルダム編」が人気。外国人が郷里のモデルを見たら思わず買ってしまうそうだ。(東京みやげにニューヨーク編というのもおかしい気がするが、だまっておこう。)

海外へのおみやげ探しにも最適のお店。
是非、時間の余裕をもってじっくり立ち寄っていただきたい。
(取材:寺田尚樹)

写真上:独自の視点でセレクトされた商品群は圧巻
写真中:シリーズを一覧できるテラダモケイの展示
写真下:今回お話を伺った店長の角能千賀子(かどのうちかこ)さん。
    お忙しいところ笑顔で対応してくださいました。
    ありがとうございました。
   

六本木ヒルズ アート&デザイン ストア
場所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク3F
   (森美術館、東京シティビューチケットカウンター横)
営業時間:11:00~9:00
電話番号:03-6406-6280